米軍F15墜落は操縦ミス=昨年6月、沖縄本島沖―防衛省

時事通信 / 2019年4月24日 12時33分

沖縄本島沖で昨年6月、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属のF15戦闘機が墜落した事故で、防衛省は24日、原因をパイロットの操縦ミスとする調査結果を発表した。今月に米政府から同省に情報提供があった。同省によると、事故機のパイロットは米軍F22戦闘機との戦闘訓練中、機体の姿勢を錯覚する「空間識失調」に陥り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング