「病気になったら…」=老後資金失い、募る不安―ジャパンライフ

時事通信 / 2019年4月25日 8時11分

ジャパンライフの被害に遭った人の多くは、「銀行や農協より利息がいい」などの宣伝文句を信じ、投資を始めた。老後の生活資金を失った高齢者らは「病気になったらどうする」「どん底だ」と不安を募らせる。栃木県の80代女性は15年ほど前、知人に誘われ、ジャパンライフが開いた会合に参加。社員に体をもんでもらい、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング