1~3月GDP予測はマイナス=景気判断、「悪化」濃厚に

時事通信 / 2019年4月26日 22時26分

民間シンクタンク12社は26日、5月に発表される今年1~3月期の実質GDP(国内総生産)速報値の予測を発表した。平均は前期比年率換算0.1%減で、マイナス成長となれば2四半期ぶり。3月の景気動向指数(速報値)についても、基調判断が後退局面入りした可能性が高いことを示す「悪化」に下方修正されるとの見方が強い。内閣府は5月20日にGDP速報値を公表する。シンクタンク各社は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング