天皇への謝罪要求論に慎重=歴史問題で韓国首相

時事通信 / 2019年5月15日 15時15分

【ソウル時事】韓国の李洛淵首相は15日、ソウルで行われた討論会で、歴史問題をめぐって天皇陛下に対して謝罪など立場の表明を求めることができるか問われ、「日本の憲法体系の制約がある。この問題には、われわれも慎重にアプローチするのが正しい」と述べた。また、昨年3月にブラジリアで開かれた「世界水フォーラム」に出席した際、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング