中国外相、米長官に抗議=電話会談で「企業経営圧迫」

時事通信 / 2019年5月19日 0時41分

【北京時事】中国外務省によると、王毅国務委員兼外相は18日、ポンペオ米国務長官と電話会談し、「米国は最近、政治手段を通じて中国企業の正常な経営を圧迫するなど、中国の利益を損なう言動を多方面で取っている。中国は断固反対する」と抗議した。通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)との取引を原則禁じる米政府の制裁措置撤回を強く促す発言だ。王氏は「中国は協議を通じた経済・貿易問題の解決を主張しているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング