箱根山の警戒レベル引き上げ=火山活動活発、2に―気象庁

時事通信 / 2019年5月19日 17時31分

気象庁は19日、火山活動が高まっているとして、神奈川県・箱根山の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火の可能性があり、大きな噴石の飛散などに警戒が必要だ。同庁によると、18日午前5時ごろから山の地下や芦ノ湖西岸を震源とする火山性地震が増加。18日は45回、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング