佐賀は「韓国か北朝鮮のよう」=自民・谷川氏

時事通信 / 2019年5月19日 22時34分

自民党の谷川弥一衆院議員(長崎3区)が18日に、九州新幹線長崎ルートの建設をめぐる佐賀県の対応について「韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ」と発言していたことが分かった。谷川氏が19日、取材に対して認めた。その上で「適切ではなかった」として撤回する意向を示した。発言は谷川氏が18日に同ルートの建設現場を視察した際のあいさつ。同氏は取材に「(新鳥栖―武雄温泉間の整備方式に関し)佐賀県の対応がけんもほろろなので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング