「上皇さま座って見送り」否定=宮内庁、報道に強く反発

時事通信 / 2019年5月20日 15時43分

宮内庁の西村泰彦次長は20日の定例会見で、14日行われた天皇陛下への安倍晋三首相の「内奏」に関し、上皇さまが天皇だった時には座って首相を見送られていたとの一部報道について、「お座りのままお見送りしたということはあり得ないというのがわれわれの認識」と述べた上で、「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける。宮内庁として極めて遺憾だ」と強く反発した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング