合格率、男女差なし=一般入試「対策講じた」―東京医大

時事通信 / 2019年5月21日 11時51分

女子受験生への得点操作など不正入試が行われていた東京医科大で、今年実施された医学部医学科一般入試の合格率が男女でほぼ同じだったことが21日までに分かった。昨年は男女間で3倍以上の差があった。同大がホームページで公表した。同大関係者は「入試改善へ対策を講じて実施した結果だ」と話している。今年の一般入試では男性498人、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング