不信任、解散「大義」にならず=立憲・辻元氏

時事通信 / 2019年5月22日 14時57分

立憲民主党の辻元清美国対委員長は22日の党会合で、内閣不信任決議案提出を受けた衆院解散・総選挙の観測が出ていることに関し、「不信任案が否決されたら(内閣を)信任したことになるわけで、解散の大義になるのか。夏の参院選で国民の信を問えばいい」と述べ、不信任案提出は解散に踏み切る「大義」になり得ないとの考えを示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング