安倍首相「必ずしも信問わず」=消費増税延期でも

時事通信 / 2019年5月24日 16時20分

安倍晋三首相は24日午後の衆院厚生労働委員会で、10月に予定されている消費税率10%への引き上げを延期した場合の対応について「必ずしも国民の信を問うことは考えていない」と述べ、増税延期の判断と衆院解散は直結しないとの認識を示した。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。首相はその理由に関し「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り(税率を引き上げる)と既に申し上げている。新しい判断ではない」と説明した。同時に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング