安倍首相、来月イラン訪問を検討=米との緊張緩和促す

時事通信 / 2019年5月24日 16時52分

安倍晋三首相が、6月12日からのイラン訪問を検討していることが24日、分かった。政府関係者が明らかにした。イラン核合意をめぐりイランと米国の対立が深まる中、首相はロウハニ大統領と会談して緊張緩和を直接促す意向だ。27日の日米首脳会談で米国の立場をトランプ大統領に確認した上で、最終判断するとみられる。今月16日に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング