「アナログ」手法復活も=架空請求さらに増加―消費者白書

時事通信 / 2019年6月18日 10時12分

政府は18日、2018年版「消費者白書」を閣議決定した。18年に全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数は約101万8000件と、11年ぶりに100万件を超えた。一時減少傾向にあった架空請求に関する相談は、約25万8000件と2年連続で増加。法務省を装ったはがきや封書を送るなど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング