観測史上最も遠い銀河衝突=131億光年先、アルマ望遠鏡で―早稲田大など

時事通信 / 2019年6月18日 14時10分

早稲田大と東京大、名古屋大などの国際共同研究チームは、観測史上最も遠い131億光年先で銀河同士が衝突、合体する様子を南米・チリのアルマ電波望遠鏡で捉えることに成功した。138億年前の宇宙誕生から7億年後の衝突の様子は、銀河が合体を繰り返して成長する過程を知る手がかりになるという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング