21年に信問う国民投票=メキシコ大統領が表明

時事通信 / 2019年6月19日 11時22分

【サンパウロ時事】メキシコのロペスオブラドール大統領は18日、自身の信を問う国民投票を2021年に実施する考えを明らかにした。同氏は昨年12月に就任しており、任期は6年。ロペスオブラドール氏は記者会見で、憲法を改正し、21年半ばに行われる下院選に合わせた国民投票の実施を主張。「同日投票(に向けた改憲)が受け入れられなければ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング