中国ファンド最大640億円に=台湾金融大手、事実上撤退―JDI支援

時事通信 / 2019年6月19日 16時50分

中小型液晶大手ジャパンディスプレイは19日、中国の投資ファンド「嘉実基金管理」などからの最大800億円の金融支援の詳細を公表した。台湾系金融グループ「CGL」の離脱を念頭に、嘉実の出資額を最大640億円に引き上げる。27日までの正式決定を目指している。JDIは17日、金融支援を予定していた中台企業連合3社から、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング