ロシア爆撃機が領空侵犯=太平洋上で2回、15年以来―防衛省

時事通信 / 2019年6月20日 21時0分

防衛省は20日、ロシア軍のTU95爆撃機が同日午前、沖縄・南大東島と東京・八丈島付近の太平洋上で2回領空を侵犯したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対処し、危険な行為はなかったという。推定を含むロシア機の領空侵入は、2015年9月以来。同省は警戒を継続するとともに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング