イルカ胴体にリング=海保が確認、漁網の一部か―北海道

時事通信 / 2019年7月12日 16時5分

紋別海上保安部(北海道紋別市)は12日までに、胴体にリング状の物体がはまり、泳いでいるイルカを発見したと発表した。リングは漁網の一部の可能性が高く、頭部から突っ込み、外れなくなったとみられる。イルカは泳ぐ速度が遅く、衰弱している疑いもあるという。同保安部によると、8日午後1時半ごろ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング