白川氏、金融危機「言葉失う」=異例対応も批判に苦悩―09年1~6月の日銀議事録

時事通信 / 2019年7月16日 9時2分

日銀は16日、2009年1~6月に開いた金融政策決定会合の議事録を公表した。前年9月に発生したリーマン・ショックが実体経済に波及、国内総生産(GDP)は急激に落ち込んだ。白川方明総裁(以下、肩書は当時)は、09年2月19日の会合で「もう言葉を失いそうな悪い数字」と嘆いた。日銀は異例の危機対応策を決定していたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング