日中台などサンマ漁獲枠導入=乱獲防止、55万トン上限―資源回復未知数・NPFC

時事通信 / 2019年7月19日 5時16分

サンマの資源管理を協議する北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が18日夜、閉幕した。不漁が続くサンマの乱獲に歯止めをかけるため、2020年に北太平洋全体で、日本、中国、台湾など加盟8カ国・地域に約55万トンの漁獲枠を導入することで合意した。ただ、18年の漁獲実績(約44万トン)を大きく上回る数量で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング