騒音トラブル、家賃滞納=近所から苦情、茨城でも―京アニ放火容疑者

時事通信 / 2019年7月20日 16時47分

京都アニメーションのスタジオ火災で身柄を確保された職業不詳青葉真司容疑者(41)は2010年ごろから約2年間、茨城県常総市の集合住宅で暮らしていた。当時を知る管理人の男性(70)は「騒音をめぐって近所と何度もトラブルを起こしていた」と振り返った。管理人によると、青葉容疑者はハローワークのあっせんで集合住宅1階に入居。夜中に目覚まし時計を鳴らしたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング