一方的恨みで襲撃か=社長「聞いたことない名」―京アニ放火

時事通信 / 2019年7月20日 20時34分

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、身柄を確保された青葉真司容疑者(41)が同社に一方的な恨みを募らせて事件を起こした疑いがあることが20日、捜査関係者への取材で分かった。確保時に「小説を盗まれたので火を付けた」と供述したが、同社社長は取材に「聞いたことがない名前だ」と証言。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング