「らせん階段から黒煙」=直後に視界閉ざされ―飛び降り生存・京アニ社員証言

時事通信 / 2019年7月20日 21時57分

「京都アニメーション」スタジオの放火殺人事件で、出火時に2階で勤務していた男性社員が20日、時事通信の取材に応じ、「らせん階段から黒煙が上がってきた直後、目の前が真っ暗になった」と証言した。男性はベランダから飛び降り、軽傷で済んだという。男性によると、男のもめる声が1階から聞こえた直後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング