参院選投票率48.8%=95年に次ぐ低水準―総務省

時事通信 / 2019年7月22日 6時59分

総務省は22日、参院選の選挙区の投票率が48.80%だったと発表した。国政選挙(補選を除く)の投票率が5割を切るのは戦後2回目で、1995年参院選の44.52%に次ぐ低さ。一方、公示翌日から20日までの間に期日前投票を済ませた有権者は、参院選では過去最多の1706万2771人に上った。福岡、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング