改憲へ硬軟織り交ぜ=他党と温度差、実現見通せず―安倍首相

時事通信 / 2019年7月22日 19時58分

安倍晋三首相は22日の記者会見で、憲法改正を争点に掲げた参院選勝利で民意を得たとして、与野党に議論のテーブルに着くよう強く求めた。一方、自民党案にはこだわらず、幅広い合意形成を目指す意向も表明。硬軟織り交ぜて宿願の成就を狙う。ただ、各党とは考えに温度差があり、道は平たんではない。「『少なくとも議論を行うべきだ』、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング