いじめ関与の教諭ら処分せず=高2自殺、校長は減給―山口県教委

時事通信 / 2019年7月23日 17時47分

山口県周南市で2016年7月、県立高校2年の男子生徒=当時(17)=が自殺した問題で、県教育委員会は23日、第三者委員会がいじめに関与したと認定した教諭らについて、「行為の事実は確認したが、県教委の指針などに照らし、懲戒処分には至らない」として処分しないことを明らかにした。当時の校長(60)については、管理監督責任などを問い、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング