京アニ放火、27人が焼死=司法解剖が終了―京都府警

時事通信 / 2019年7月23日 21時0分

京都市伏見区の「京都アニメーション」スタジオの放火殺人事件で、現場から見つかった遺体34人のうち、27人が焼死だったことが23日、京都府警の調べで分かった。府警は同日、すべての遺体の司法解剖を終えた。府警によると、死因は全身やけどなどの焼死が27人、一酸化炭素中毒が4人、窒息が2人だった。残る1人の死因は分からなかった。これまでの調べで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング