配送分散、在宅勤務も=渋滞防止へ企業協力―五輪あと1年

時事通信 / 2019年7月24日 7時30分

2020年の東京五輪・パラリンピック開催期間は、選手や観客の移動に伴う道路の渋滞や公共交通機関の混雑が懸念されている。一部の民間企業は政府や東京都の呼び掛けに応じ、工場への荷物の配送を分散させたり、在宅勤務を推進して通勤に伴う交通機関の混雑を減らしたりすることを決めた。アサヒビールは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング