米司法省、IT大手を調査=独禁法違反めぐり

時事通信 / 2019年7月24日 9時17分

【シリコンバレー時事】米司法省は23日、インターネット上で大きな影響力を持つIT大手が反トラスト法(独占禁止法)に違反していないか調査に乗り出すと発表した。米議会などからは巨大IT企業の解体・分割を主張する声も出ており、違反が認定されれば規制強化論が勢いづきそうだ。「GAFA」と呼ばれる米IT大手4社(グーグル、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング