米軍の立て直し急ぐ=中国の脅威認識「20年前から」―米国防長官就任

時事通信 / 2019年7月24日 14時25分

【ワシントン時事】エスパー米国防長官が23日、上院本会議で圧倒的多数で承認され、就任した。昨年末のマティス長官辞任以降、半年以上に及んだ安全保障政策の「司令塔不在」がようやく解消された。中国やロシアとの大国間競争に向け、長年の緊縮予算や対テロ戦争で疲弊した米軍の立て直しを急ぐ一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング