人気の赤ちゃんジュゴン死ぬ=腹部から海洋プラ―タイ

時事通信 / 2019年8月18日 14時46分

タイの環境保護当局は17日、絶滅危惧種ジュゴンの雌の赤ちゃん(生後8カ月)で、南部トラン県で治療を受けていた「マリアム」が腹部に入った海洋プラスチックごみによる炎症などで死んだと発表した。同国のメディアなどが報じた。マリアムという名前は、アラビア語で「海の女性」という意味。4月に南部クラビ県の浅瀬に打ち上げられ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング