二重払いや無保険5年放置=顧客不利益1年10万件―アフラック委託保険・日本郵便

時事通信 / 2019年8月21日 12時56分

日本郵便が、アフラック生命保険から委託を受けて販売しているがん保険について、保険料の二重払いや無保険状態の発生を防ぐ新制度ができた後も、導入せず5年間放置してきたことが21日、分かった。この結果、今年5月までの1年間だけで二重払いや無保険が10万件超生じている。日本郵便は10月に新制度を導入するという。アフラックなどが扱うがん保険は通常、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング