14歳生徒を少年院送致=所沢の同級生刺殺事件―さいたま家裁

時事通信 / 2019年8月21日 14時45分

埼玉県所沢市で同級生(13)の胸腹部を包丁で刺し殺害したとして、殺人の非行内容で送致された男子生徒(14)について、さいたま家裁(鈴木秀行裁判官)は21日、第1種少年院送致とする保護処分を決定した。鈴木裁判官は決定で、「被害者は、少年に対し嫌がらせをしていたとはいえ、改める機会を与えられることもなく、突如として将来ある生命を奪われた」と指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング