新入社員2人に労災認定=過大ノルマ、セクハラでうつ病―神奈川

時事通信 / 2019年8月21日 19時14分

塗装会社の元女性社員2人(いずれも20代)が、入社後約7カ月でうつ病を発症したのは過大なノルマや長時間労働、セクハラが原因だったとして労災認定されていたことが21日、分かった。代理人弁護士らが記者会見して明らかにした。弁護士らによると、2人は2017年4月、個人宅の外壁塗装などを手掛けるユーコーコミュニティー(神奈川県厚木市)に入社。ともに技術職志望だったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング