民家で76歳男性死亡=胸に刺し傷、殺人で捜査―茨城県警

時事通信 / 2019年8月24日 18時35分

24日午前3時15分ごろ、茨城県八千代町平塚の民家から「両親が血を流して倒れている」と119番があった。住人の無職大里功さん(76)と妻の裕子さん(73)が病院に運ばれたが、功さんは約1時間半後に死亡が確認され、裕子さんも重傷。2人とも胸や腹に複数の刺し傷があり、県警は殺人事件として下妻署に捜査本部を設置した。同署によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング