「同床異夢」の日米韓=問われる3カ国結束の意義―企画「矛と盾」(5)・完

時事通信 / 2019年8月25日 7時40分

笑顔で写真撮影に応じるポンペオ米国務長官と、その両脇で目を合わせない日韓外相―。今月2日、バンコクで行われた日米韓外相会談は、かつて「反共陣営」として共闘した3カ国のほころびが広がりつつあることを印象付けた。朝鮮半島は冷戦終結から30年を経ても「分断」が続く。韓国の文在寅政権はそのくびきから逃れようと南北融和を進める一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング