日本の2強、豪州で激突へ=アサヒとキリンがビール大国で

時事通信 / 2019年8月26日 8時28分

【シドニー時事】アサヒグループホールディングスはオーストラリアのビール最大手を買収する方針で、当局の承認を待って豪州で首位に躍進する。同国では現地企業を傘下に収めたキリンホールディングスが業界2位で、アサヒとキリンを合わせた豪州のシェアは約8割に達する。日本でシェア争いを繰り広げてきた2強が南半球の「ビール大国」でも激突する。豪州では社交の場でビールは欠かせない。シドニー市内のパブで働くジャック・ラーキンズさん(22)は「『ビールを飲みながら話をしよう』となることが多い。それが豪州の文化」と胸を張る。今年5月に亡くなったホーク元首相はビールの早飲みで「ギネス記録」を樹立したことで知られ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング