産経新聞社は11日付朝刊で、8月18~20日付朝刊の兵庫県版で連載した「無人島生活中学生のサバイバルキャンプ」中の表現が昨年の神戸新聞記事と酷似するなどし、著作権侵害の可能性が高いとして、取り消したと明らかにした。産経によると、姫路支局の男性記者(46)は8月10~13日に兵庫県姫路市の無人島で行われた中学生参加のキャンプに同行取材。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング