ファンド会社代表の逮捕認めず=法相家族の投資疑惑―韓国地裁

時事通信 / 2019年9月11日 22時20分

【ソウル時事】韓国のチョ・グク法相の家族ぐるみの不透明な投資疑惑をめぐり、ソウル中央地裁は11日、チョ氏の家族が出資していたファンド運用会社代表ら2人に対する横領容疑などの逮捕状請求を棄却した。聯合ニュースが報じた。聯合によると、地裁は会社代表らが「事実関係を大筋で認め、横領被害も一部回復された」ことなどを理由に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング