「赤の他人でいられない」=迫る雨、ボランティア本格化―停電なお11万戸・千葉

時事通信 / 2019年9月15日 22時27分

台風15号の被害を受けた千葉県では15日、夜からの激しい雨が予想される中、ボランティアによる支援活動が本格化した。県社会福祉協議会によると、鴨川市や鋸南町など14自治体で受け入れを行い、学生など多くの人が集まった。30度近い暑さが続く中、参加者らは「赤の他人ではいられない」「少しでも楽になって」と汗を流した。千葉県内では15日も約11万戸が停電、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング