米批判は「無意味」=サウジ攻撃でイラン外務省

時事通信 / 2019年9月15日 17時34分

【カイロ時事】イラン外務省報道官は15日、ポンペオ米国務長官がサウジアラビア石油施設への無人機攻撃に関してイランの責任を指摘したことについて、「やみくもな嫌疑には意味がない」と批判した。国営メディアが伝えた。攻撃については、イランが支援するイエメン反政府武装組織フーシ派が犯行を主張したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング