タリバン、赤十字の活動認める=和平協議再開へ駆け引きか―アフガン

時事通信 / 2019年9月15日 22時2分

【ニューデリー時事】アフガニスタンの反政府勢力タリバンは15日、支配地域での赤十字国際委員会(ICRC)の活動再開を認める声明を出した。トランプ米大統領が今月7日に中止を表明した米国との和平協議の再開に向けた駆け引きの一環とみられる。タリバンは声明で「新たな合意により活動再開への道が開かれた。全てのタリバン兵はICRCの人員や物資の安全に配慮する」と表明。ICRCはツイッターで「紛争で被害を受けた人々のための活動が可能になることを歓迎する」と応じた。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング