マリアナ近海で台風16号発生=低気圧に戻る予想―気象庁

時事通信 / 2019年9月15日 23時12分

気象庁は15日夜、マリアナ諸島近海で熱帯低気圧の最大風速が台風の基準である約17メートルを上回り、台風16号になったと発表した。ただ、16日には小笠原諸島近海で最大風速が基準を下回り、熱帯低気圧に戻ると予想される。16号は15日午後9時、マリアナ諸島近海を時速30キロで北西へ進んだ。中心気圧は1000ヘクトパスカル、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング