人気者のパンダ急死=竹食べた直後―タイ動物園

時事通信 / 2019年9月17日 14時39分

【バンコク時事】タイのチェンマイ動物園は17日、雄のジャイアントパンダ、チュアンチュアンが16日夕に死んだと発表した。19歳だった。食事中に急死したという。動物園によると、竹を食べていた際に突然起き上がり、ふらつきながら歩いた後、倒れて息を引き取った。健康状態に問題はなく、通常と同じように食事していた。ウティチャイ園長は「全力を尽くして世話していた」と強調。中国の専門家と協力して死因の特定を急ぐ考えを示した。チュアンチュアンは雌のリンフイと2003年に中国から貸与され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング