サウジ産油量、月内に攻撃前の水準に=エネ相、供給は既に回復

時事通信 / 2019年9月18日 5時25分

【カイロ時事】サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は17日の記者会見で、国営石油会社サウジアラムコの石油関連施設が攻撃を受けた影響で落ち込んだ産油量について、9月末までに攻撃前の水準に戻るとの見通しを明らかにした。同国全体の供給量については、備蓄を放出するなどして既に回復したと語った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング