台湾独立運動家の史明氏死去=100歳、日本に一時亡命

時事通信 / 2019年9月21日 14時19分

【台北時事】台湾総統府によると、台湾独立運動家の史明氏(し・めい=本名・施朝暉)が20日深夜、台北市内の病院で死去した。100歳だった。日本統治下の台湾に生まれ、早大を卒業、戦後は亡命先の東京・池袋で中華料理店を営む傍ら、台湾独立運動に従事した。李登輝元総統時代に台湾に戻り、2014年の「ヒマワリ学生運動」などを支援した。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング