米スリーマイル原発、運転停止=採算悪化で45年の歴史に幕

時事通信 / 2019年9月21日 14時22分

【ニューヨーク時事】米電力大手エクセロンは20日、東部ペンシルベニア州のスリーマイル島原発の運転を停止したと発表した。米メディアによると、今後60年かけて廃炉作業を完了させる。同原発では1979年に2号機で炉心溶融の大事故が発生。1号機のみ運転を続けていたが、採算悪化で45年の歴史に幕を下ろした。1号機は74年9月に営業運転を開始し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング