6歳未満男児の臓器提供へ=両親「自慢の息子」、14例目―移植ネット

時事通信 / 2019年9月24日 18時34分

日本臓器移植ネットワークは24日、愛媛県内の病院に入院していた6歳未満の男児が、臓器移植法に基づき、急性脳症による脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。移植ネットが公表した6歳未満からの提供は14例目。摘出手術は25日に行われ、心臓が東京女子医科大病院で、10歳未満の女児に移植される予定。男児の両親は移植ネットを通じ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング