試験中トイレ、1割減点=10年以上前から―滋賀の県立高校

時事通信 / 2019年10月10日 11時21分

滋賀県立八幡工業高校(近江八幡市)で、定期試験中にトイレに行くため退席した生徒の点数を1割減点していたことが10日、同校への取材で分かった。10年以上前から行われていたといい、8日から始まった中間テストから廃止した。同校によると、今年度は1人、昨年度は9人が対象となったが、減点で通知票の評価が下がったことはないという。減点措置は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング