台風対応の市職員死亡=避難所開設終え帰宅中―福島・南相馬

時事通信 / 2019年10月13日 22時33分

福島県南相馬市小高区で発見された遺体について、同市は13日、台風19号への対応に当たっていた男性職員(25)と明らかにした。男性は直前まで避難所の開設準備などを行っており、車で帰宅中に巻き込まれたとみられる。南相馬市によると、男性は小高交流センターに務める主事。同センターで避難所の開設作業を行い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング